沖縄の海 BLOG

クマノミ

慶良間でマクロ|沖縄ダイビング 那覇シーマリン

2020年8月28日(金) 気温:31℃ 水温:28℃ 風:南 波:2m
慶良間諸島ファンダイビング

今日は慶良間諸島へ行き、マンツーマンでじっくりマクロフォトダイブをしてきました!
まず初めは、モンツキカエルウオから。小さめの何個体かいたので、そのなかでも特に気に入った子を少し粘って撮影。
モンツキカエルウオ
すぐ近くでは隠れきれていないネムリブカの子ども2個体。
まだ小さいのでいつも同じところにいてくれています。
ネムリブカ
スズメダイ系の群れに癒されながら、ピンクのイソギンチャクをチェックしにいったら、なんと、ハマクマノミの幼魚が1匹増えているではないですか。しかも、3本線の子。端っこに追いやられ気味ですが、かわいい・・・。
ハマクマノミ
他の場所でも、高水温の影響で白化しているイソギンチャクが。。。
ちまちま遊んでいたのですが、だんだんとキビナゴが凄い事に・・・!
ワイドはファインダーごしではなく、肉眼で楽しんでもらいました。
キビナゴ
2本目もカメはごあいさつ程度に。でも、こういう時に限ってあちこちにカメいるんですよね。
カメ
岩陰でベニハゼやアオギハゼなどもゆっくり撮影。
してたら、カサゴがいてびっくり・・・!!
ハゼ
ハゼ
カサゴ
安全停止中には極小のウミウシをパスいただきました~!ペン先より小さかった・・・
キレイな色のハナビモウミウシでしょうか・・・?
ハナビモウミウシ
最後はエントリー直後に大きなロウニンアジが3個体、ダイバーのまわりでうろうろと。
ロウニンアジ
その足元では、ウミウシがいろいろいたり。
ウミウシ
ハナヒゲも顔を出していて、ダイバーに囲まれていました。
ハナヒゲ
タテジマキンチャクダイの幼魚、ミナミハコフグの幼魚も健在!!
撮りたい生物がいろいろで、あっという間でしたね。
タテジマキンチャクダイ
ゲストさん、2日間ありがとうございました。またお待ちしていますね!

関連記事

  1. カミソリウオ
  2. 洞窟
  3. コブシメの卵
  4. アオウミガメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PADI登録店|s-7507

PADI登録店 那覇シーマリン

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebookページ

gooブログ

gooブログ

アーカイブ

PAGE TOP