沖縄の海 BLOG

洞窟

梅雨はどこへ??|沖縄ダイビング 那覇シーマリン

2020年6月6日(土) 気温:30℃ 水温:25℃ 風:南西 波:1.5m
慶良間諸島ファンダイビング

ここ最近、連日いい天気の沖縄です。梅雨はいったいどこへやら・・・?
今日も太陽が顔を出す中、ケラマ諸島までいってくることができました。
みなさん久しぶりのダイビングなので、最初はのんびり^^
水温があがっているのでウエットで快適です~!
あちこちに小さいキンギョハナダイやキホシスズメダイ。アマミスズメダイの幼魚も。
そんな季節です。
モンツキカエルウオも産卵シーズンのはずですが、なかなか見やすい卵に出会えない・・・
モンツキ
スケスケのナデシコカクレエビもお腹に卵がいっぱい。
よく見えます。でも、シングルだったけど・・・。
エビ
こいつもあと1ヶ月くらいしたら産卵して凶暴化するかな・・・どきどき・・・
ゴマモンガラ
キビナゴもたくさんでてきているので、水面も目が離せません!!
癒されながら船の下に戻り、安全停止しているとセダカギンポ発見~!
サンゴに産み付けた卵を守っていたのですが、少し離れている間に他の魚に卵食べられています・・・
セダカギンポ
卵

2本目は洞窟へ!昼間だというのに、大きなイセエビが何匹も穴から半身でていました。
イセエビ
太陽が高くのぼった時間なので、洞窟に差し込む光のカーテンもとてもキレイ。
洞窟
ハタンポはちらほら。
ハタンポ
足元を見てみると大きなウミウシの卵もあったり。
ウミウシ
洞窟を出てからはガレ場を。
ミミイカの卵を見ていたら、次々にハッチアウトしていくところが見れました。
静止画ではとらえられませんでしたが・・・
ミミイカ
半分くらいは旅立っていきました。
そのあとは、カエルアンコウモドキを発見・・・!したのですが、、逃げ足が速い・・・
証拠写真すら残せなかった・・・ショック!
船に戻る途中ではツムブリの群れが30匹くらいいましたが、こちらも足が速い速い・・・

最後はさすが大潮!という流れを体感しながらのダイビングになりました。
水面にはキビナゴとグルクンの群れ。
追いかけ回るスマガツオ。バラフエダイもちょろっといたり。


うーん、水中が白っぽい・・・。
コーナーを回ってからは小さいものを探してみたり。
大きなバイカナマコにウミウシカクレエビがいました。
エビ
後半もきもちよく潮に流されながら、安全停止。
久しぶりに潜れて楽しかったですね!!
またお待ちしております。本日はありがとうございました。

関連記事

  1. カメ
  2. マンタ
  3. ゲスト
  4. ヒレナガネジリンボウ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PADI登録店|s-7507

PADI登録店 那覇シーマリン

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Facebookページ

gooブログ

gooブログ

アーカイブ

PAGE TOP