沖縄の海 BLOG

#ハナビモウミウシ

意外と流れたね。ケラマ諸島ファンダイビング

2021年07月15日 気温32度 水温27度 風:南 波:1m
ケラマ諸島ファンダイビング

波がなくどこへ行こうかと悩みますね。1本目はいい感じのドリフトダイビング。
透明度が良く遠くまで見えましたね。見えすぎ!!
カマスが日に日に増えていく。
オオメカマス
離れ根ではキンギョハナダイがきれいです。
ダイバー
見ているだけで癒されるー
キンギョハナダイ
ストロボの電池をよくつけっぱなしにするのですぐなくなる・・・。
沖ではグルクンやウメイロモドキがいっぱいです。
先にピグミーを見ていた人がいたのですぐに発見できると思っていたら
ヤギ
あれっ??? どこどこですかーーーー。あぶなかったですがいた。
ピグミー
オヤビッチャーは大量の卵を産みで食べられない様に奮闘中!
壁にはウミウシもくっついてましたね。
ウミウシ
これぞケラマって感じの海でしたね。
2本目はなんだか激流れでしたね。ジャイアンとしてもすぐに船の下に吸い込まれるーーー。
エントリーも慎重にでした。前半は流れない場所で踏ん張りながら。
キンチャクガニをゲットしたが確認して写真をと思ったら流されてどこかへ・・・。
なぜか今日は小さいウニに刺される日!気をつけましょう。
スミツキベラやチリメンウミウシなど・・・。
チリメンウミウシ
少し移動できそうになり泳ぐと少し前にいいクレパスがあるでは
しかしもう時間がない。後半は流れに乗って進むーー。
ここでは写真がほどんど撮れませんでしたね。
ラストはこの前のリベンジ??? ウチザンヘ
エントリーするとすぐにネムリブカ。
ネムリブカ
泳いでいるのもいましたね。そして不意打ちにやってくるロウニンアジ!
ロウニンアジ
油断しているときにくるのでカメラの準備が間に合いません。
ロウニンアジ
根では魚がいっぱい群れてましたね。
群れ
岩陰にはシモフリタナバタウオや漂流中のリュウグウウミウシ。
レアのハナビモウミウシをおっそわけしてもらいました。
ハナビモウミウシ
もう少しじっくり撮りたい所でしたがそこは我慢。
最後はイソバナやカシワハナダイの群れを見ながらエキジットへ。
本日もありがとうございました。
また明日一緒に楽しみましょうね。

関連記事

  1. アオリイカ
  2. ロウニンアジ
  3. キンチャクガニ
  4. ナカモトイロワケハゼ
  5. ゲスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PADI登録店|s-7507

PADI登録店 那覇シーマリン

カレンダー

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Facebookページ

アーカイブ

PAGE TOP